SIMPLE SOLUTIONS

BOOTPARAMS(5) - Linux manual

ブートパラメータのデータベース.

bootparams — ブートパラメータのデータベース

/etc/bootparams

bootparams ファイルは、ディスクレスクライアントが ネットワーク越しにブートする際に要求する、 ブートパラメータを指定する。 このサーバがサポートするクライアントは、 bootparams ファイルに root のパス名と (オプションとして) swap 領域のパス名を記述したエントリを持たなければならない。 ファイル中の (# で始まるコメント行以外の) 各行で、 クライアント名、それに続いて、クライアントが論理名で要求するパス名を指定する。 行中の要素は、空白かタブで区切られ、 バックスラッシュを使うことで複数行に続けることができる。 例を以下に示す: dummy root=host:/export/dummy/root \ swap=host:/export/dummy/swap \ dump=host:/export/dummy/swap "dummy" という名前のクライアントが 自らの論理 "root" を要求した場合、 この RPC リクエストに対する返答として、 パス名 “host:/export/dummy/root” が与えられる。 "host:" の部分は必ず指定しなければならない。

/etc/bootparams デフォルトの設定ファイル

bootparamd(8)
bootparams(5).txt (日本語 / Japanese)
Index English version of bootparams(5)
Go top